鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 心臓血管・高血圧内科学

Facebook

Department of Cardiovascular Medicine and Hypertension, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University

研究について

臨床研究:業績

【2013】国内学会(総会)

  • 第77回 日本循環器学会総会・学術集会(2013年3月, 横浜)
  • 大石 充.
  • Roundtable Discussion 8: 心疾患増悪因子としての高血圧関連病態を考える.
    New Parameters to Treat Hypertension.
  • 嘉川亜希子.
  • モーニングレクチャー32.
    女性の心疾患の兆候を見逃さないために.
  • Ichiki T, Huntley BK, Sandberg SM, Sangaralingham SJ, and Burnett JC, Jr.
  • Human proBNP processing and degradation are reduced in association with low corin and DPPIV levels in heart failure.
  • Ichiki T, Huntley BK, Sandberg SM, Sangaralingham SJ, and Burnett JC, Jr.
  • The processing and degradation of proANP in the circulation in normal human and patients with heart failure.
  • McKie PM, Ichiki T, Cataliotti A, Sangaralingham SJ, Chen HH and Burnett JC, Jr.
  • M-atrial natriuretic peptide and nitroglycerin in a model of acute hypertensive heart failure: A comparison of two cGMP activating therapeutics.
  • Okui H, Ichiki H, Oketani N, Iriki Y, Ishida S, Maenosono R, Namino F, Ninomiya Y, Hamasaki S, Tei C.
  • The significance of Left Atrial Appendage Flow Speed in Chronic Atrial Fibrillation.
  • Kubozono T, Miyata M, Kawasoe S, Shinsato T, Hamasaki S.
  • Right Ventricular Tei Index as a Prognostic Parameter in Patients with Chronic Heart Failure.
  • Miyauchi T, Miyata M, Ikeda Y, Akasaki Y, Hamada N, Shirasawa T, Eto H, Hamasaki S, Tei C.
  • Circulation Journal Award Session: Waon therapy up regulate the hsp90 and leads to angiogenesis through Akt-eNOS pathway in a mouse model of hindlimb ischemia.
  • Kawasoe S, Kubozono T, Shinsato T, Miyata M, Hamasaki S.
  • Combined Measurements of Red Cell Distribution Width and B-type Natriuretic Peptide Predict Prognosis in Patients with Chronic Heart Failure.
  • Horizoe Y, Takasaki K, Ueya N, Kubota K, Kuwahara E, Yuasa T, Mizukami N, Kisanuki A, Hamasaki S.
  • Pulse Pressure correlates with Left Atrial size in Patients with Paroxysmal Atrial Fibrillation
  • Tokushige A, Higo K, Kanda D, Takumi T, Saihara K, Kosedo I, Fujita S, Kataoka T, Tanaka H, Sonoda M, Arikawa R, Yamaguchi H, Hamasaki S.
  • Clinical SYNTAX Score as a Predictor of mid-term major adverse cardiac events in patients undergoing prior PCI.
  • 日本高血圧学会 第2回 臨床高血圧フォーラム(2013年5月, 東京)
  • 大石 充.
  • アフタヌーンセミナー3.
    進化する“血圧変動性”-脳卒中の予防を目指す新たな治療コンセプト-.
  • 第78回 日本温泉気候物理医学会総会(2013年5月, 別府)
  • 宮田昌明.
  • シンポジウム1: 温熱物理医学の新たな展開.
    和温療法の新知見: 熱ショック蛋白を介した不全心筋及び下肢虚血に対する効果.
  • 窪薗琢郎, 宮田昌明.
  • 健常人における和温療法の効果: 男女の比較.
  • 第86回 日本超音波医学会学術集会(2013年5月, 大阪市)
  • 木佐貫 彰.
  • パネルディスカッション: 心エコーにおける生涯教育の現状と展望.
    鹿児島における研修医・技師に対する心エコー教育の取り組み.
  • 第55回日本老年医学会学術集会(2013年6月, 大阪)
  • 大石 充.
  • 教育講演.
    2. 高齢者の血圧コントロール.
  • 大石 充.
  • ランチョンセミナー5.
    RA系細胞局在と動脈硬化進展.
  • 第49回 日本循環器病予防学会・日本循環器管理研究協議会総会(2013年6月, 金沢)
  • 宮田昌明.
  • シンポジウムB 「生理機能検査を活用した心不全の一次予防」.
    心臓超音波検査.
  • 第22回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会(2013年7月, 神戸)
  • Masanori Tsurugida, Ippei Kosedo, Eiji Miyauchi, Takeko Kawabata, Koichi Kihara, Shuichi Hamasaki
  • Is stenting for superficial femoral artery indispensable? - Efficacy of long inflation with long balloon for superficial femoral artery lesion-.
  • 厚地伸彦, 山口浩士, 高岡順一郎,宮村明宏,有川 亮, 二宮登志子, 樋口公嗣, 吉永順子, 厚地良彦.
  • 当院における透析患者に対する血管形成術の現状.
  • Tokushige A, Higo K, Kanda D, Takumi T, Saihara K, Kosedo I, Fujita S, Kataoka T, Nakashima H, Tanaka H, Sonoda M, Arikawa R, Yamaguchi H, Hamasaki S.
  • PCI後における中期MACEの予測因子としてのClinical Syntaxスコア.
  • 有川 亮, 山口浩士, 高岡順一郎, 宮村明宏, 厚地伸彦, 二宮登志子, 樋口公嗣, 吉永順子, 厚地良彦.
  • 薬剤溶出性ステントの再狭窄に対するOCT所見に基づくPOBAの臨床的予後について.
  • Miyauchi E, Tsurugida M, Kosedo I, Kihara K, Hamasaki S, Oishi M.
  • Prediction of coronary atherosclerosis of flow-mediated dilation in patients with acute coronary syndrome.
  • 第45回 日本動脈硬化学会総会(2013年7月, 東京)
  • 宮田昌明.
  • シンポジウム7: アポ蛋白機能.
    血管傷害と動脈硬化におけるアポ蛋白J (Clusterin)の作用.
  • 第19回 日本心臓リハビリテーション学会 (2013年7月, 仙台)
  • 窪薗琢郎, 新里拓郎, 宮田昌明.
  • 重症心不全に対する和温療法の効果と運動療法の併用.
  • 川添 晋, 窪薗琢郎, 新里拓郎, 湯淺敏典, 宮田昌明, 濱崎秀一.
  • 産褥性心筋症患者における 運動耐容能と心機能の経時的変化.
  • 小島聡子, 窪薗琢郎, 川添 晋, 新里拓郎, 宮田昌明, 濱崎秀一.
  • 鹿児島県における心臓リハビリテーションの実態調査.
  • 長谷場純仁, 木村宏市, 宮崎雅司, 中尾周平, 柳 賀文, 池田 聡, 窪薗琢郎.
  • 重症心不全患者に対する和温療法と運動療法の併用効果.
  • 第61回 日本心臓病学会学術集会(2013年9月, 熊本)
  • 山口浩士, 有川 亮, 吉永順子, 厚地良彦.
  • Simple balloon dilation for drug-eluting in-stent restenosis based on optical coherent tomography findings.
  • 宮田昌明, 赤﨑雄一, 宮内孝浩, 濱崎秀一, 大石 充, KACT-MetS研究者.
  • メタボリックシンドローム合併高血圧症患者におけるバルサルタンのPAI-1低下作用の性差: KACT-MetS研究サブ解析.
  • 嘉川亜希子.
  • 性差の影響.
    高血圧患者における尿酸と腎機能が左室リモデリングに及ぼす影響の性差.
  • 桶谷直也, 入來泰久, 奥井英樹, 市來仁志, 吉村あきの, 前之園隆一, 波野史典, 宮田昌明, 濱崎秀一, 大石 充.
  • コントロバーシー4: 慢性心房細動のアブレーション.
    持続性・慢性心房細動患者でアブレーション治療を検討すべき症例について.
  • 新里拓郎.
  • 航空衛生機動隊の機動衛生ユニットを使用したPCPS/ IABP/ 人口呼吸器装着下の重症心不全患者の搬送経験.
  • 窪薗琢郎, 宮田昌明, 新里拓郎, 川添 晋, 濱崎秀一, 大石 充.
  • 健常人における和温療法の効果: 性差及び体格差における検討.
  • 剣田昌伸, 小瀬戸一平, 宮内栄治, 木原浩一, 濱崎秀一, 大石 充.
  • 浅大腿動脈にステント植え込みは妥当か?- 浅大腿動脈に対するlong balloonによるlong inflationの有用性の検討-.
  • 川添 晋, 小島聡子, 新里拓郎, 窪薗琢郎, 内匠拓朗, 湯淺敏典, 濱崎秀一, 大石 充.
  • 僧帽弁形成術後にdip and plateau型心室圧波形が消失したEmery-Dreifuss型筋ジストロフィーに合併したうっ血性心不全の一例.
  • 神田大輔.
  • 経皮的冠動脈インターベンション術施行において, アプローチの違いが慢性期の腎機能障害に及ぼす影響: シスタチンCを用いた比較検討.
  • 堀添善尚.
  • 正常駆出率の低圧較差重症大動脈弁狭窄症では, 脳波電播速度による動脈硬化度が高い.
  • 有川 亮, 山口浩士, 吉永順子, 厚地良彦.
  • シロリムス溶出性ステント留置後に冠動脈瘤を形成し, 冠動脈バイパス術を行った一例.
  • 吉村あきの, 入來泰久, 二宮雄一, 市來仁志, 奥井英樹, 桶谷直也, 濱崎秀一, 大石 充.
  • 心房細動に対するカテーテルアブレーションにおいて, 術者被曝を考え, 透視時間を短くできるか?
  • 小島聡子.
  • 男性の便通状況は心血管予後の悪化と関連する.
  • 宮内栄治, 剣田昌伸, 小瀬戸一平, 木原浩一, 濱崎秀一, 大石 充.
  • 急性冠症候群患者における血管内皮障害と脳心血管イベントリスク- 二次予防の観点から- .
  • 第21回日本血管生物医学会学術集会(2013年9月, 豊中)
  • 大石 充.
  • ランチョンセミナー5.
    血管に優しい降圧療法-血管病理学的考察-.
  • 第36回 日本高血圧学会総会(2013年10月, 大阪)
  • 大石 充.
  • シンポジウム1.
    アンギオテンシンペプチド系の話題.
  • 大石 充.
  • パネルディスカッション3.
    診察室血圧変動と臓器障害.
  • 大石 充.
  • ランチョンセミナー9.
    食塩感受性日本人のための降圧療法-食塩とRA系-.
  • 大石 充.
  • ランチョンセミナー21.
    ITが患者と医師を結ぶ血圧管理.
  • 第27回 日本心臓血管内視鏡学会(2013年10月, 福岡)
  • 有川 亮, 山口浩士, 高岡順一郎, 宮村明宏, 厚地伸彦, 二宮登志子, 樋口公嗣, 吉永順子, 厚地良彦.
  • OCT所見に基づく薬剤溶出性ステント再狭窄病変に対するPOBAの成績.
  • CCT 2013 (2013年10月, 神戸)
  • Kosedo I, Tsurugida M, Miyauchi E, Kihara K.
  • A case of No re-flow phenomenon occurred to not only LAD but also LCX after the stent implantation of LAD.
  • 第17回日本心不全学会(2013年11月, さいたま)
  • 湯淺敏典.
  • シンポジウム2: 機能性僧帽弁逆流に対する非薬物治療.
    Effect of Waon therapy on Functional Mitral Valve Regurgitation.
  • Kubozono T, Miyata M, Ohishi M.
  • Combination of Waon Therapy and Exercise Training is effective and safety in patients with chronic heart failure.
  • Kubozono T, Miyata M, Ohishi M.
  • Right Ventricular Tei Index is a Useful Index to Evaluate the Prognosis in Patients with Chronic Heart Failure.
  • Kawasoe S, Kubozono T, Shinsato T, Miyata M, Hamasaki S, Ohishi M.
  • Simultaneous Measure of Red Cell Distribution Width and B-type Natriuretic Peptide Predicts Prognosis More Effectively in Chronic Heart Failure Patients.
  • 第27回 日本冠疾患学会学術集会(2013年12月, 和歌山)
  • 吉野聡史, 松尾好記, 青木竜男, Amir Lerman.
  • Myocardial bridging患者におけるドブタミン負荷FFR値と微小循環レベルにおける冠動脈内皮機能障害の関係.