鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 心臓血管・高血圧内科学

Facebook

Department of Cardiovascular Medicine and Hypertension, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University

研究について

臨床研究:業績

【2014】総説

  • 大石 充.
  • 鹿児島県内科医会学術講演会 特別講演 「高齢者の循環器診療のコツ」.
    鹿児島県内科医会会報 2014; 45: 2-3.
  • 大石 充.
  • 神様の作った「生き物」の仕組み.
    呼吸と循環 2014; 62: 202.
  • 大石 充.
  • 「特集にあたって」生活習慣病対策から認知症予防を考える.
    月刊糖尿病 2014; 6: 7.
  • 大石 充.
  • 臓器保護を考慮した降圧治療におけるアムロジピンの役割 2) 脳保護.
    血圧 2014; 21: 24-28.
  • 大石 充.
  • 第6回 私の研究-My Research-高血圧と心血管リスク.
    Angiology Frontier 2014; 13: 64-69.
  • 宮田昌明.
  • 心筋梗塞後のペット飼育に問題はないですか?
    治療 2014; 96: 275-277.
  • 宮田昌明, 髙﨑州亜, 湯淺敏典, 大石 充.
  • 心エコー図を活用した心不全の一次予防.
    日本循環器病予防学会誌 2014; 49: 26-30.
  • 宮田昌明, 大石 充.
  • 配合剤の使い方.
    内科 2014; 114: 457-459.
  • 桶谷直也, 入來泰久, 市來仁志, 奥井英樹, 吉村あきの.
  • 肺静脈隔離にとらわれないアブレーション: 心房細動をどうマネージメントするか.
    Heart View 2014; 18: 45-51.
  • 湯淺敏典, 竹中俊宏, 大石 充.
  • 心Fabry病.
    心エコー 2014; 15: 1134-1139.
  • 湯淺敏典, 大石 充.
  • 血圧 正常値はどこ?
    ANTI-AGING MEDICINE 2014; 10: 93-96.
  • 赤﨑雄一, 大石 充.
  • 家庭血圧-白衣高血圧 (低リスクと高リスク) の治療.
    Current Therapy 2014; 32, 52-56.
  • 赤﨑雄一, 大石 充.
  • 高齢者の高血圧-高齢者高血圧のエビデンス.
    Geriatric Medicine 2014; 52, 637-640.
  • 赤﨑雄一, 大石 充.
  • Dipper, non-Dipper型.
    日本臨牀 2014; 72: 1400-1403.
  • 赤﨑雄一, 大石 充.
  • 高血圧コントロールへの効果的なアプローチ AHA/ ACC/ CDCの科学的勧告.
    血圧 2014; 21: 4-5.
  • 赤﨑雄一, 大石 充.
  • JNC8の9つの推奨.
    血圧 2014; 21: 10-14.
  • 時任紀明, 城ヶ崎倫久.
  • Cardiotrophin-1の動脈硬化促進作用.
    鹿児島市医報2014; 53: 32-39.
  • 宮内孝浩, 大石 充.
  • 脳梗塞急性期の降圧療法と予後.
    血圧 2014; 21: 834-835.
  • 宮内孝浩, 大石 充.
  • 血圧変動性.
    日本臨床 増刊号 最新臨床高血圧学 2014; 72: 117-121.
  • 二宮雄一.
  • 日経メディクイズ「心電図」.
    日経メディカル 2014; 2: 95-96.
  • 川添 晋, 大石 充.
  • 高尿酸血症と循環器疾患.
    Cardio Vascular Contemporary 2014; 3: 29-33.
  • 竹中俊宏.
  • Fabry病・心Fabry病の心障害.
    呼吸と循環 2014 (in press).
  • 湯淺敏典, 大石 充.
  • 血圧の正常値 -従来値の立場から-.
    アンチ・エイジング医学 2014 (in press)
  • 昨年度追加分
  • 大石 充.
  • Vascular ProtectionのためのRA系抑制の重要性.
    藤沢市内科医学会雑誌 2013; 25: 3-5.