鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 心臓血管・高血圧内科学

Facebook

Department of Cardiovascular Medicine and Hypertension, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University

研究について

臨床研究:業績

【2015】その他の著作

  • 大石 充.
  • 高齢者の血圧コントロールはいかにすべきか. 特集:循環器疾患の予後改善を目指して.
    循環Plus 2015; 15: 2-6.
  • Miyata M.
  • Reconsideration of beta-blocker therapy in patients with peripheral artery disease. (Editorial)
    J Atheroscler Thromb 2015; 22: 445-446.
  • 宮田昌明.
  • 高血圧のトピックス:血圧変動と非薬物治療.
    川内市医師会報 平成27年12月号: 6-9.
  • 宮田昌明.
  • 特集「診療科における病院収益増貢献の戦略」心臓血管内科の取り組み.
    鹿児島大学医学部医師会報 平成27年12月 第35号: 76-77.
  • 髙﨑州亜.
  • アジア人における心臓弁膜症研究 (自然歴・予後調査).
    鹿児島県医師会報 平成27年11月号: 77-78.
  • 高﨑州亜, 大石 充.
  • 「RAS研究-ラボの最前線-」鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 心臓血管・高血圧内科学教室.
    Angiotensin Research 2015; 12: 60-62.
  • 城元里朋, 柴田啓佑, 宮内栄治, 亀甲真弘, 日高史郎.
  • 心室中隔穿孔を合併した後下壁心筋梗塞の1例.
    鹿屋市医師会報 平成27年3月号.
  • 市來仁志, 大石 充.
  • 診断は?心室細動蘇生後の20歳男性. ECGクイズQ&A.
    循環Plus 2015; 16: 13-14.
  • Kubozono T, Ohishi M.
  • Prognostic significance of regional arterial stiffness for stroke in hypertension. (Editorial)
    Pulse (Basel) 2015; 3: 98-105.
  • 二宮雄一.
  • 日経メディクイズ「心電図」
    日経メディカル2015; 5: 101-102.
  • 吉野 聡史.
  • シロリムス溶出ステント留置後の冠攣縮性狭心症及び冠動脈内皮機能障害を診断し、それに合併したLMT病変に対してバイオリムス溶出ステントを選択した1例.
    TCROSS NEWS; THE CASE, CASE 15.
  • 吉野聡史, 福元大地.
  • ST上昇型急性前壁中隔心筋梗塞発症後, 複雑分岐を伴ったLADの責任病変に対してResolute Integrity™を留置した症例.
    Medtronic Case Report.
  • 宮内栄治, 平峯温子, 有川 亮, 城元里朋, 亀甲真弘, 日高史郎.
  • インフルエンザを契機に発症した中枢性尿崩症の1例.
    鹿屋市医師会報 平成27年9月号.
  • Takumi T, Miyata M, Ohishi M.
  • Physiological assessment in peripheral artery disease: going beyond angiography. (Editorial)
    J Atheroscler Thromb (Epub ahead of print)
  • 昨年度追加分
  • 大石 充.
  • 目線を生かす.
    Osaka Heart Club 2014; 38: 2-3.
  • Ichiki T, Burnett JC Jr.
  • Post-transcriptional modification of pro-BNP in heart failure: is glycosylation and circulating furin key for cardiovascular homeostasis? (Editorial)
    Eur Heart J 2014; 35: 3001-3003.