鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 心臓血管・高血圧内科学

Facebook

Department of Cardiovascular Medicine and Hypertension, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University

研究について

臨床研究:業績

【2018】国内学会(総会)

  • 第11回 日本性差医学・医療学会学術集会(2018年1月, 福岡)
  • 小島聡子, 窪薗琢郎, 川添 晋, 嘉川亜希子, 重水早苗, 大坪秀雄, 肥後建樹郎, 宮田昌明, 大石 充.
  • 膠原病患者における肺動脈圧の継時的変化について.
  • 第82回 日本循環器学会学術集会(2018年3月, 大阪)
  • Ninomiya Y, Inoue K, Tanaka K, Hirao Y, Oka T, Tanaka N, Okada M, Inoue H, Nakamaru R, Koyama Y, Iwakura K, Fujii K.
  • Peri-atrial Epicardial Adipose Tissue is Associated with Atrial Fibrillation Ablation Outcomes.
  • 川添 晋, 窪薗琢郎, 吉福士郎, 小島聡子, 宮田昌明, 宮原広典, 前之原茂穂, 大石 充.
  • Uric acid level and incidence of atrial fibrillation in Japanese general population.
  • 堀添善尚, 髙﨑州亜, 宮田昌明, 窪田佳代子, 水上尚子, 湯淺敏典, 木佐貫 彰, 大石 充.
  • Analysis of biphasic right ventricular outflow Doppler waveform in patients with pulmonary hypertension; estimation of pulmonary vascular resistance.
  • Sasaki Y, Ikeda Y, Iwabayashi M, Akasaki Y, Higuchi K, Miyata M, Ohishi M.
  • Estrogen maintains mitochondrial function and retards vascular senescence via Rab9-dependent mitophagy.
  • Sasaki Y, Ikeda Y, Iwabayashi M, Akasaki Y, Higuchi K, Miyata M, Ohishi M.
  • Inhibition of angiotensin II type 1 receptor retards development of cellular senescence and atherosclerosis via augmentation of Rab9-dependent mitophagy.
  • Ojima S, Kubozono T, Kawasoe S, Miyata M, Ohishi M.
  • Left ventricular diastolic function evaluated by E’ is independent predictor for exercise capacity in patients with preserved ejection fraction.
  • Ojima S, Kubozono T, Kawasoe S, Miyata M, Ohishi M.
  • Comparison in the association of muscle strength and exercise capacity between chronic heart failure and pulmonary hypertension.
  • 岩谷徳子, 窪田佳代子, 宮永 直, 大石 充.
  • Mean pulmonary arterial pressure at final balloon pulmonary angiop lasty predicts the improvement of exercise capacity after one-year in CTEPH patients.
  • Shimono H, Kajiya T, Takaoka J, Arima R, Miyamura A, Inoue T, Ninomiya T, Atsuchi Y, Atsuchi N, Ohishi M.
  • Left ventricular diastolic function assessed by tissue Doppler echocardiography is associated with long-term prognosis in patients with ST-elevation myocardial infarction.
  • Shimono H, Kajiya T, Takaoka J, Arima R, Miyamura A, Inoue T, Ninomiya T, Atsuchi Y, Atsuchi N, Ohishi M.
  • Comparison of in-stent restenosis after second and third generation drug-eluting stent implantation between acute coronary syndrome and stable angina pectoris.
  • Tabata Y, Yoshino S, Miyata M, Kanda D, Anzaki K, Ohmure K, Uchikado Y, Ohishi M.
  • Hyperuricemia is associated with endothelial dysfunction and morphological abnormalities of neointima after drug-eluting stents deployment assessed by optical coherence tomography.
  • 水上尚子, 大園七瀬, 湯之上真吾, 小林沙織, 前之園隆一, 堀添善尚, 茶圓秀人, 湯淺敏典, 髙﨑州亜, 木佐貫 彰, 大石 充.
  • チーム医療セッション シンポジウム5.
    日本超音波検査学会-日本循環器学会ジョイントシンポジウム. 経胸壁3D心エコー法を活かす.
    経胸壁心エコー法における3D対応探触子を2D画像に活かす.
  • 波野史典, 山口宗一, 前之園隆一, 入來泰久, 奥井英樹, 市來仁志, 大石 充, 橋口照人.
  • 心房細動アブレーションにおける血管内皮機能変化と血清primary microRNAの関連究明.
  • Okada M, Inoue K, Tanaka K, Ninomiya Y, Hirao Y, Oka T, Tanaka N, Inoue H, Nakamaru R, Koyama Y, Iwakura K, Fujii K.
  • Prevalence and predictors of left ventricular reverse remodeling after catheter ablation for atrial fibrillation in patients with reduced ejection fraction.
  • Inoue H, Tanaka N, Koyama Y, Inoue K, Nakamaru R, Okada M, Oka T, Hirao Y, Ninomiya Y, Tanaka K, Iwakura K, Fujii K.
  • Prevalence and prognosis of asymptomatic coronary artery disease in patients undergoing catheter ablation for atrial fibrillation.
  • Tanaka N, Inoue K, Shizuta S, Kobori A, Morimoto T, Kurotobi T, Morishima I, Tanaka K, Ninomiya Y, Hirao Y, Oka T, Okada M, Inoue H, Nakamaru R, Kitagaki R, Iwakura K, Fujii K, Kimura T.
  • Gender differences in the efficacy and outcome of atrial fibrillation ablation: insights from the kansai plus atrial fibrillation (KPAF) registry.
  • Takayasu K, Nakamaru R, Inoue K, Tanaka K, Ninomiya Y, Hirao Y, Oka T, Tanaka N, Okada M, Inoue H, Iwakura K, Fujii K.
  • Premature atrial contractions originating from non-pulmonary veins: are they targets for additional ablation after pulmonary vein isolation?
  • Tanaka N, Inoue K, Tanaka K, Hirao Y, Oka T, Ninomiya Y, Okada M, Inoue H, Nakamaru R, Takayasu K, Kitagaki R, Koyama Y, Iwakura K, Fujii K.
  • Is treatment for paroxysmal atrial fibrillation with second-generation cryoballoon ablation more reproducible than that with contact force guided radiofrequency ablation?
  • Inoue K, Tanaka K, Hirao Y, Ninomiya Y, Oka T, Tanaka N, Okada M, Inoue H, Nakamaru R, Koyama Y, Okamura A, Iwakura K, Fujii K.
  • Very long term outcome after long-term success of catheter ablation for persistent atrial fibrillation.
  • Oka T, Inoue K, Tanaka K, Ninomiya Y, Hirao Y, Tanaka N, Okada M, Inoue H, Nakamaru R, Koyama Y, Okamura A, Iwakura K, Fujii K.
  • Residual inducibility of atrial arrhythmia by burst pacing was associated with long-term recurrence after catheter ablation for non-paroxysmal atrial fibrillation.
  • Oka T, Inoue K, Tanaka K, Ninomiya Y, Hirao Y, Tanaka N, Okada M, Inoue H, Nakamaru R, Koyama Y, Okamura A, Iwakura K, Fujii K.
  • Improvement in left atrial reservoir function after catheter ablation for non-paroxysmal atrial fibrillation was associated with subsequent favorable clinical outcome.
  • 第115回 日本内科学会総会・講演会(2018年4月, 京都)
  • 池田義之, 佐々木 健, 桑波田 総, 今村正和, 浜田知久馬, 赤﨑雄一, 大石 充.
  • 高齢高血圧患者における降圧治療強化前後の患者満足度と医師満足度の対比研究.
  • 桑波田 聡, 新地秀也, 川島吉博, 毛利翔悟, 安部 智, 竹中俊宏, 大石 充.
  • 抗認知症薬服用患者におけるQT時間の検討.
  • 医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ2018京都(2018年4月, 京都)
  • 牛飼純平, 赤﨑雄一, 宮田昌明, 牧瀬洋一, 黒田正幸, 横手幸太郎, 大石 充.
  • 低HDLと角膜混濁から魚眼病と診断した姉妹
  • 第22回 日本心血管内分泌代謝学会学術集会(2018年4月, 宮崎)
  • 佐々木雄一, 池田義之, 赤﨑雄一, 内門義博, 樋口公嗣, 大石 充.
  • エストロゲンはRab9依存性マイトファジーを介して細胞老化を抑制する
  • 第83回 日本温泉気候物理医学会 総会・学術集会(2018年5月, 鹿児島)
  • 宮田昌明.
  • 会長講演.
    温泉気候物理医学を科学する.
  • 池田義之.
  • ランチョンセミナー2.
    高齢高血圧患者に対する降圧療法の留意点:コンコーダンスを中心に.
  • 第18回 日本抗加齢医学会総会(2018年5月, 大阪)
  • 佐々木雄一, 池田義之, 大石 充.
  • 優秀演題受賞講演.
    エストロゲンはSirt1/LKB1/AMPK軸活性化によるRab9依存性マイトファジーを介して血管老化を抑制する.
  • 日本高血圧学会 第7回 臨床高血圧フォーラム(2018年5月, 京都)
  • 大石 充.
  • JSH-POA ジョイントセッション.
    Blood pressure variability and organ damage.
  • 大石 充.
  • ランチョンセミナー3.
    相互信頼が生み出す適切な高血圧診療を目指して.
  • 大石 充.
  • ランチョンセミナー6. JSH禁煙啓発セミナー.
    日本高血圧学会禁煙プロジェクト~SOFT Project~.
  • 第60回 日本老年医学会学術集会(2018年6月, 京都)
  • 黒田 篤, 瀬戸口 学, 内野 靖, 永田和弥, 鉾之原大介.
  • アルツハイマー型認知症におけるリバスチグミンの血中BuChE活性と血中グレリン値に及ぼす影響.
  • 池田義之, 大石 充.
  • 第1回 日本老年医学会老化および老年医学研究助成受賞者講演.
    心血管老化に対するミトコンドリアダイナミクスとオートファジーを軸とした治療法の検討.
  • 池田義之, 佐々木 健, 桑波田 聡, 今村正和, 浜田知久馬, 赤﨑雄一, 大石 充.
  • 高齢高血圧患者における患者満足度と医師満足度の対比研究.
  • 窪薗琢郎, 大石 充.
  • シンポジウム10. 高齢者心不全:心不全パンデミックに対し, 老年医学会はどう対処すべきか.
    高齢心不全患者に対する運動療法の現状と課題.
  • 桑波田 聡, 岩元千代子, 新地秀也, 川島吉博, 毛利翔悟, 安部 智, 竹中俊宏, 大石 充.
  • 独居高齢者の自立生活支援における注意点:高齢者総合的機能評価を用いた検討.
  • 桑波田 聡, 岩元千代子, 新地秀也, 川島吉博, 毛利翔悟, 安部 智, 竹中俊宏, 大石 充.
  • 外来通院高齢患者における抑うつの主観的評価と生命予後.
  • 神田大輔, 池田義之, 荒田憲一, 今釜逸美, 小瀬戸一平, 吉野聡史, 薗田剛嗣, 富村奈津子, 井本 浩, 大石 充.
  • 閉塞性動脈硬化症に対する鹿児島におけるチーム医療の取り組み効果に関する検討.
  • 佐々木雄一, 池田義之, 大石 充.
  • エストロゲンはRab9依存性オルタナティブオートファジーによるマイトファジーを介して血管老化を抑制する.
  • 宮﨑宣丞, 木山良二, 牧迫飛雄馬, 川田将之, 中井雄貴, 米 和徳, 窪薗琢郎, 竹中俊宏, 大石 充.
  • サルコペニアや運動器疾患を有する地域在住高齢者の歩行中の体幹・下肢の角度.
  • 牧迫飛雄馬, 窪薗琢郎, 木山良二, 竹中俊宏, 桑波田 聡, 田平隆行, 鹿屋 勉, 堀之内貢子, 島田裕之, 大石 充.
  • 高齢者の社会的フレイルと骨格筋量, 握力との関連.
  • 第61回 日本腎臓学会学術総会(2018年6月, 新潟)
  • 大石 充.
  • ランチョンセミナー22.
    相互信頼が生み出す適切な高血圧診療を目指して.
  • 第54回 日本循環器病予防学会学術集会(2018年6月, 札幌)
  • 大石 充.
  • シンポジウム1.
    高血圧と循環器疾患予防 :Hypertension Paradoxの克服へ.
  • 第33回 日本老年精神医学会総会(2018年6月, 福島)
  • 黒田 篤.
  • ランチョンセミナー9.
    薩摩川内市における認知症初期集中支援チームの取り組み.
  • 第50回 日本動脈硬化学会総会・学術集会(2018年7月, 大阪)
  • 大石 充.
  • 高血圧・循環器病予防療養指導士セミナー.
    療養指導士の意義と役割:生活習慣病対策と他職種連携の考え方.
  • 大石 充.
  • サテライトミーティング.
    療養指導士の意義と役割:生活習慣病対策と他職種連携の考え方.
  • 宮田昌明.
  • 高血圧・循環器病予防療養指導士セミナー.
    「循環器病とリスク要因の疫学」主な危険指標とその意義.
  • 薗田剛嗣, 内匠拓朗, 宮田昌明, 神田大輔, 小瀬戸一平, 吉野聡史, 大石 充.
  • スタチン服用中の心血管疾患患者における新しいLDLコレステロール値測定法の有用性.
  • 佐々木雄一, 池田義之, 赤﨑雄一, 内門義博, 樋口公嗣, 宮田昌明, 大石 充.
  • エストロゲンのRab9依存性マイトファジーを介した血管老化抑制効果.
  • 第24回 日本心臓リハビリテーション学会学術集会(2018年7月, 神奈川)
  • 宮田昌明.
  • 循環器基礎講座20.
    和温療法を心臓リハビリに活かす.
  • 小島聡子, 窪薗琢郎, 川添 晋, 宮田昌明, 大石 充.
  • 心疾患患者における好中球/リンパ球比はPeak VO2の独立した規定因子である.
  • 松井宏樹, 小島聡子, 窪薗琢郎, 川添 晋, 宮田昌明, 野口慶久, 橋口照人, 大石 充.
  • 心疾患患者における握力と関連する因子の検討.
  • 第73回 日本消化器外科学会学術総会(2018年7月, 鹿児島)
  • 窪薗琢郎.
  • ランチョンセミナー.
    癌患者のVTEマネージメント.
  • 第65回 日本不整脈心電学会学術大会(2018年7月, 東京)
  • Ninomiya Y, Inoue K, Tanaka K, Hirao Y, Oka T, Tanaka N, Okada M, Inoue H, Nakamaru R, Koyama Y, Iwakura K, Fujii K.
  • Peri-atrial epicardial adipose tissue is associated with atrial fibrillation ablation outcomes.
  • Tanaka N, Inoue K, Tanaka K, Hirao Y, Oka T, Ninomiya Y, Okada M, Inoue H, Nakamaru R, Koyama Y, Iwakura K, Fujii K.
  • Comparison at second procedure after initial second-generation cryoballoon ablation vs radiofrequency ablation for paroxysmal atrial fibrillation.
  • Oka T, Inoue K, Tanaka K, Ninomiya Y, Hirao Y, Tanaka N, Okada M, Inoue H, Nakamaru R, Okamura A, Koyama Y, Iwakura K, Fujii K.
  • Impact of baseline left atrial function on long-term success after catheter ablation for paroxysmal atrial fibrillation.
  • Inoue K, Tanaka K, Hirao Y, Oka T, Tanaka N, Ninomiya Y, Okada M, Inoue H, Nakamaru R, Koyama Y, Iwakura K, Fujii K.
  • Non-pulmonary vein triggers in patients with persistent atrial fibrillation; prevalence, distribution, and impact on outcome.
  • Okada M, Inoue K, Tanaka K, Ninomiya Y, Hirao Y, Oka T, Tanaka N, Inoue H, Takayasu K, Nakamaru R, Kitagaki R, Iwakura K, Fujii K.
  • Prognostic impact of left ventricular reverse remodeling after catheter ablation for atrial fibrillation in patients with reduced ejection fraction.
  • Inoue H, Inoue K, Kitagaki R, Nakamaru R, Okada M, Tanaka N, Oka T, Hirao Y, Ninomiya Y, Tanaka K, Koyama Y, Iwakura K, Fujii K.
  • Long term outcome of catheter ablation for atrial fibrillation in patients under 40 years old.
  • Okada M, Inoue K, Tanaka K, Ninomiya Y, Hirao Y, Oka T, Tanaka N, Inoue H, Takayasu K, Nakamaru R, Kitagaki R, Iwakura K, Fujii K.
  • Atrial fibrillation with a rapid ventricular rate in congestive heart failure: an evolving sign of a favorable prognosis in the era of catheter ablation.
  • 第10回 日本下肢救済・足病学会学術集会(2018年7月, 札幌)
  • 吉野聡史, 池田義之, 内匠拓朗, 神田大輔, 小瀬戸一平, 薗田剛嗣, 大石 充.
  • 完全型遺残坐骨動脈に対するEVTを施行した重症虚血肢の一例
  • 神田大輔, 池田義之, 佐々木雄一, 内匠拓朗, 小瀬戸一平, 薗田剛嗣, 吉野聡史, 今釜逸美, 荒田憲一, 富村奈津子, 大石 充.
  • 冠動脈疾患合併重症虚血趾患者の予後にクロピドグレルが及ぼす影響.
  • 第27回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会(2018年8月, 兵庫)
  • Yoshino S, Kanda D, Ohmure K, Tabata H, Uchikado Y, Anzaki K, Ohishi M.
  • Impaired endothelial function is associated with neointimal abnormalities after DES deployment assessed by OCT in IHD patients.
  • 神田大輔, 内匠拓朗, 薗田剛嗣, 小瀬戸一平, 吉野聡史, 池田義之, 大石 充.
  • The effect of clopidogrel on prognosis of critical limb ischemia (CLI) patients who had coronary artery disease (CAD).
  • 小瀬戸一平, 薗田剛嗣, 神田大輔, 吉野聡史, 内匠拓朗, 大石 充.
  • 閉塞した静脈グラフト経由の逆行性アプローチによる血管内治療で治療し得た重症下肢虚血の1例.
  • 尾辻秀章, 剣田昌伸, 榎園 圭, 木原浩一.
  • My worst case -EVT- 繰り返しEVTを行った急性動脈閉塞の症例.
  • 大牟禮健太, 吉野聡史, 内門義博, 田端宏之, 安﨑和博, 大石 充.
  • ステントバルーン穿孔による不拡張ステントにstuckしたデリバリーカテーテルの抜去困難をGuide LinerTMを用いてbailoutした一例.
  • 田端宏之, 吉野聡史, 内門義博, 大牟禮健太, 安﨑和博, 大石 充.
  • シンポジウム6 . 地域医療における心血管インターベンションのあるべき姿とは.
    当地域におけるPCIの現状:高次医療機関とのスムーズな連携と迅速な搬送手段により救命し得た急性冠症候群の一例.
  • Kitazono K, Takaoka J, Miyamura A, Atsuchi N, Kajiya T, Inoue T, Ninomiya T, Shimono H, Arimura T, Atsuchi Y.
  • Non-Infarct-Related artery analysis on IVUS and OCT.
  • 第66回 日本心臓病学会学術集会(2018年9月, 大阪)
  • 池田 義之, 大石 充.
  • シンポジウム19. 超高齢者社会における循環器疾患管理におけるフレイルの意義を考える.
    心血管疾患とフレイル.
  • 窪田佳代子.
  • 会長特別企画 ケースに学ぶ2. 肺高血圧症を診つけよう.
    PHの症状と病態, おこるしくみ, なぜ診断が遅れてしまうのか?
  • 神田大輔, 内匠拓朗, 小瀬戸一平, 吉野聡史, 池田義之, 大石 充.
  • 冠動脈疾患合併重症虚血趾患者の予後にクロピドグレルが及ぼす影響.
  • 安﨑和博, 大牟禮健太, 沖野秀人, 田端宏之, 福元大地, 吉野聡史, 大石 充.
  • BiolimusA9 coated stent 留置の際, カテーテルシャフト断裂をきたし, 回収し得た一例.
  • 肥後建樹郎, 窪田佳代子, 宮永 直, 岩谷徳子, 大石 充.
  • PGI2製剤の切り替えが有効であったPAHの一症例.
  • 宮内栄治.
  • 会長特別企画 ケースに学ぶ30.
    糖尿病と脂肪肝を併発している症例へのロミタピド治療.
  • 田端宏之, 吉野聡史, 安﨑和博, 大牟禮健太, 内門義博, 福元大地, 沖野秀人, 大石 充.
  • PCI 中にステントバルーン拡張不良に陥り bail out し得た2症例.
  • 上坊翔太, 亀甲真弘, 有川 亮, 吉村あきの, 赤尾光優.
  • 産後2日目に特発性冠動脈解離による心筋梗塞から心停止をきたした一例.
  • 赤尾光優, 吉村あきの, 上坊翔太, 有川 亮, 亀甲真弘.
  • 当院での心尖部心室瘤を伴う肥大型心筋症の2症例.
  • 第41回 日本高血圧学会総会(2018年9月, 北海道旭川市)
  • 大石 充.
  • ランチョンセミナー16.
    Hypertension Paradox克服のために.
  • 赤﨑雄一, 大石 充.
  • シンポジウム2. 血圧変動評価と臓器障害.
    高齢者における血圧変動と心血管疾患および身体機能の関係.
  • 赤﨑雄一, 池田義之, 大石 充.
  • 超高齢化社会を迎えた鹿児島県垂水市における高齢者の血圧の現状.
  • SAPPORO LIVE DEMONSTRATION COURSE2018(2018年9月, 札幌)
  • 田端宏之, 安﨑和博, 内門義博, 大牟禮健太, 沖野秀人, 福元大地, 大石 充.
  • LCX末梢の急性心筋梗塞に対するPCI中に大量に血栓が出現した一例.
  • 第22回 日本心不全学会学術集会(2018年10月, 東京)
  • 窪田佳代子.
  • パネルディスカッション4. 右心機能の評価法と右心不全の治療.
    肺高血圧症における右室機能評価.
  • 田端宏之, 吉野聡史, 安﨑和博, 大牟禮健太, 福元大地, 内門義博, 沖野秀人, 大石 充.
  • 手術困難な重症大動脈弁狭窄症を起因とした繰り返す心不全に対しトルバプタン・ASVにて安定化し得た1例.
  • 福﨑 篤, 小島聡子, 窪薗琢郎, 石塚賢治, 大石 充.
  • POEMS症候群にて心不全を呈した一例.
  • 第26回 日本慢性期医療学会(2018年10月, 鹿児島)
  • 大石 充.
  • シンポジウム5.
    心血管病を予防し健康長寿を獲得する二つの秘訣.
  • 第12回 日本作業療法研究学会(2018年10月, 埼玉)
  • 田平隆行, 牧迫飛雄馬, 吉満孝二, 丸太道雄, 池田由里子, 中村 篤, 下木原 俊, 徳田圭一郎, 竹中俊宏, 窪薗琢郎, 大石 充.
  • 地域在住高齢者における墓参り行動と心身機能, 生活機能との関連.
  • Alliance for Revolution and Interventional Cardiology Advancement (ARIA) 2018(2018年11月, 福岡)
  • 大石 充.
  • Meet the Professor.
    RA系阻害.
  • 大石 充.
  • 本音で徹底討論、何でもARIA.
    高血圧.
  • 吉野聡史.
  • PCI教育コース5. Imaging .
    Complex lesion 2.
  • 薗田剛嗣, 神田大輔, 小瀬戸一平, 吉野聡史, 内匠拓朗, 大石 充.
  • THV留置後にoozing ruptureを生じて緊急開胸になったTAVIの1例.
  • CPAC2018(2018年11月, 愛知)
  • 小瀬戸一平, 薗田剛嗣, 神田大輔, 吉野聡史, 内匠拓朗, 大石 充.
  • 閉塞した静脈グラフト経由の逆行性アプローチによる血管内治療で治療し得た重症下肢虚血の1例.
  • 第4回 Pan-Pacific Primary Angioplasty Conference2018 (PAC18)(2018年11月, 東京)
  • 片岡哲郎.
  • How to reduce D2B time.
  • 第32回 日本冠疾患学会学術集会(2018年11月, 熊本)
  • 大石 充.
  • 内科シンポジウム2.
    PCI後血圧管理の極意とは?
  • 沖野秀人, 安﨑和博, 田端宏之, 福元大地, 大石 充.
  • 急性下壁心筋梗塞に対するPCI後にTIMI flow grade 0で終了するも, 慢性期に再灌流が得られた1例.
  • 第5回 日本地域理学療法学会学術大会(2018年12月, 神奈川)
  • 富岡一俊, 牧迫飛雄馬, 木山良二, 谷口善昭, 桑波田 聡, 竹中俊宏, 窪薗琢郎, 大石 充.
  • 地域在住高齢者における精神・認知機能とサルコペニアとの関連.
  • 第8回 日本リハビリテーション栄養学会学術集会(2018年12月, 香川)
  • 宮内栄治.
  • 重症足病患者の廃用障害とリハ栄養.
  • 昨年度追加分
  • 日本心エコー図学会 第28回 学術集会(2017年4月, 名古屋)
  • 皆越眞一.
  • 仁村レクチャー.
    3つのEBM.