鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 心臓血管・高血圧内科学

Facebook

Department of Cardiovascular Medicine and Hypertension, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University

診療について

医療関係者様へ:当科が専門的に行っている疾患・治療

医療関係者様向け

末梢血管の血管内治療(EVT)

末梢血管インターベンション(EVT)について

末梢血管疾患(PAD)(閉塞性動脈硬化症・重症虚血趾)の患者様は、近年増加傾向で疼痛・潰瘍によるADLの低下のみならず、全身の動脈硬化が強く、冠動脈疾患や脳血管疾患合併頻度が高いことから生存予後が不良なことが報告されています。

このような患者様に対し、血管内治療(EVT)を積極的に行い治療にあたっています。
更に、上肢の鎖骨下動脈狭窄や、難治性高血圧症の原因となっている腎動脈狭窄に対してもEVTによる血行再建治療を行っています。

また、冠動脈インターベンション(PCI)同様に、慢性完全閉塞病変に対しても、双方向性アプローチを併用して、良好な治療成績をおさめています。下記図は、左外腸骨動脈の完全閉塞に対する治療です。左足背動脈から進めたガイドワイヤーで閉塞病変を通過させ、右大腿動脈から山越えで左腸骨動脈へ進めたガイドカテーテル内に収納し、再疎通に成功しました。

EVTの領域は、近年目まぐるしいデバイスの進化・登場によって治療成績も向上しており、当院でも薬剤溶出性バルーン・薬剤溶出性ステント・ステントグラフトなど様々な最先端デバイスを使用し治療にあたっております。