鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 心臓血管・高血圧内科学

Facebook

Department of Cardiovascular Medicine and Hypertension, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University

講座について

医局体制:スタッフ紹介

大石 おおいし みつる

<2013年(平成25年)教授就任>

大石 充

職歴および研究歴

1990年3月 大阪大学医学部卒業
1990年7月 大阪大学医学部附属病院老人科 非常勤医員
1991年7月 桜橋渡辺病院循環器内科医師
1994年10月 大阪大学老年病医学(第四内科) 研究生
1997年6月 豪州ハワード・フローリー研究所 Visiting Researcher
1998年1月 豪州ハワード・フローリー研究所 Senior Research Officer
1999年9月 大阪大学加齢医学(第四内科) 医員
2000年4月 長寿科学振興財団リサーチ・レジデント
2001年1月 大阪大学加齢医学(第四内科) 助手
2007年12月 大阪大学老年・腎臓内科学 講師
2009年4月 大阪大学医学部附属病院老年・高血圧内科 病院教授(兼任)
2013年2月 鹿児島大学大学院循環器・呼吸器・代謝内科学 教授
2013年4月 鹿児島大学大学院心臓血管・高血圧内科学 教授(名称変更)
2014年4月 鹿児島大学病院 病院長補佐(診療・研究担当;兼任)~2015年3月
2015年4月 鹿児島大学病院 副病院長(特命:人事担当;兼任)~2017年3月
2017年4月 鹿児島大学病院 副病院長(特命:将来構想・年次計画担当)兼 病院長補佐(医療安全担当)(兼任)~2020年3月
2019年4月 鹿児島大学大学院心血管病予防分析学(寄附)講座 教授(兼任)

その他

2017年4月 垂水市スーパーバイザー
2018年4月 一般社団法人鹿児島ハート倶楽部代表理事
2020年4月 株式会社MeRAS代表取締役

研究内容

  • 循環器レジストリを駆使した病態把握と心血管疾患治療seeds探索(KIDSレジストリなど)
  • AI・deep learning・LAMP法を用いたBig Data(健診データやDPCデータ)解析
  • 垂水研究(多職種によるチーム医療コホート研究)
  • 高血圧ゼロの街 枕崎(高血圧治療が予後及び社会経済に与える影響を見るコホート研究)
  • 健康アイランド 種子島(既存の健診(学校健診や特定健診)を120%生かすことに島民全員の健康を維持することができるかを見るコホート研究
  • 高血圧・心不全をターゲットとした新しい創薬・治療法の開発
  • 受容体連関を基軸としたtranslational research

所属学会/資格

日本内科学会(評議員、認定医、指導医)
日本循環器学会(理事、九州支部長、専門医、FJSC)
日本高血圧学会(理事、専門医、指導医、FJSH)
日本老年医学会(理事、九州支部長、専門医、指導医)
日本循環器病予防医学会(理事)
日本心臓病学会(社員、FJCC)
日本動脈硬化学会(評議員、専門医、指導医)
日本心臓リハビリテーション学会(支部評議員)
日本腎臓学会(学術評議員)
日本内分泌学会(評議員)
日本血管不全学会(評議員)
日本SHR学会(評議員)
日本心血管内分泌代謝学会(評議員)
日本プライマリ・ケア連合学会(代議員、認定医、指導医)
日本未病学会(評議員、認定医)
FAHA(Fellow of American Heart Association)
FESC(Fellow of European Society of Cardiology)
FAPSC(Fellow of Asia Pacific Society of Cardiology)
ISHF(International Society of Hypertension Feloowship)

Editorial Board

Journal of Cardiology (Associate Editor)
Geriatric and Gerontology International (Field Editor; Clinical Practice)
Circulation Journal
Hypertension Research
Vascular Medicine
International Cardiovascular Forum Journal

コメント

新型コロナ肺炎の影響で教育・診療・研究の三本柱も大きな変化を余儀なくされています。一年前には全く使ったことがなかったZoom・3密なんて言葉が当たり前のように使われています。集まることができないことは地方にとっては有利かもと思いながら鹿児島8年目を過ごしています。はぁと村はついにリフォームが完成しました。大々的に開村式をやってと思っていたらCOVID-19が行く手を阻止して・・・ 大学内外の医局員の憩いの場になればと思っています。