遺伝子組換え実験を行う方へ

TOPページへ


トランスジェニック動物やノックアウト動物を用いて実験する際や作成する際(遺伝子接種を含む)には動物実験計画書を動物実験委員会に提出する前に遺伝子組換え安全委員会(機関承認)もしくは大臣の承認が必要です。遺伝子組換え安全委員会での承認を受けて無い場合には実験を実施できないことは勿論、動物実験計画書が受け付けられませんのでご注意ください。なお、実験や飼育についても制限がありますのでご注意ください。本事項は法律によって定められておりますので、遵守していただきますようお願い致します。
遺伝子組換え実験の申請についてはこちらをご覧ください。⇒ 事務局研究協力課のホームページへ